忍者ブログ
乙事組(IE5/Kiura/Pine/MBU/Shinの5人)の共同メディア批評ブログ。ネタバレあり注意!
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

画像ファイル "http://file.okkoto.blog.shinobi.jp/51z571a1T3L.jpg" は壊れているため、表示できませんでした。

行ってきました、ウルフルズ結成20周年記念ライブ!

結成20周年ライブ in 武道館 「希望、無謀〜シングル全曲やります!(そうね、だいたいね)〜」に友人の誘いを奇跡的に受けて行って参りました。いや〜面白かった。今回は最新アルバム「KEEP'ON MOVE ON」ツアーが終わって一夜限りの記念ライブということでシングル曲をほぼ(これがミソ)全曲演奏するというライブで全国のウルフルズファンが武道館に集結した。

17:00をちょっと過ぎてライブがスタート。トータス松本、ウルフルケイスケ、ジョン・B・チョッパー、サンコンJr.らが青いスーツに身を染めて登場。栄えある1曲目は「ガッツだぜ!」、いきなりヒートアップである。タイトル通り、殆どがシングル曲。トータス自ら「もうこれで演奏するのは最後と思います」とか「ストライク投げたつもりでボールになった曲です」と自虐的に歌う「コマソンNo.1」や「それが答えだ」が最高に格好良かった。個人的にも学生時代真っ直中であの頃が急に思い出されたりした。

日本武道館の最寄り駅から感じていたことだが、おそらく会場の5分の2は関西人と思われる。駅を歩いているときも関西弁が飛び交っており、さながら梅田や難波を彷彿させる雰囲気があった。そんなファン達が集ったライブは熱気も少し関西混じり・・・ということで「大阪ストラット」は狂っていた「おお!さか!ストラット!」の大合唱。くいだおれ人形の引退が確定した日に大阪人のパワーを見せつけられて嬉しかった。ちなみに「すっとばす」「借金大王」「やぶれかぶれ」「SUN SUN SUN’95」もかなりの盛り上がりだった。

アンコールが二回続いて最後はやはり「バンザイ〜好きでよかった」。会場全員でバンザイをしてハッピーな気持ちで時計を見るとなんと20:00!あっという間の三時間だった。やっぱりウルフルズは関西のニオイと天井知らずのアホアホパワーが魅力。これからもどんどん良い歌作って頑張って欲しいバンドである。
(IE5)

大阪はやっぱええな〜
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
プロフィール
HN:
TEAM OKKOTO
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
最新コメント
[08/03 きうら]
[07/24 IE5]
[07/19 きうら]
[07/04 IE5]
[06/30 きうら]
忍者ブログ [PR]