忍者ブログ
乙事組(IE5/Kiura/Pine/MBU/Shinの5人)の共同メディア批評ブログ。ネタバレあり注意!
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

5117MFZFEKL__SL500_AA240_.jpg震度0(横山秀夫/朝日新聞社)
阪神大震災当日に起こった、ある警察官の失踪を描く警察小説だ。「社会派」シリーズでググって手に入れた一つ。作者は「半落ち」の横山氏である。しかし、これが何とも評価し辛い作品で、私利私欲にまみれた10人近くの登場人物が現れるのだが、それぞれが余りに卑しい人物設計で、感情移入が全くできない。また、それらがステレオタイプすぎて、新鮮味もない。頑固一徹な刑事部長とか、出世欲に取り憑かれたキャリア組とか、一体いつの時代のイメージなのだ。小説としては、一幕物のドタバタ劇で、ラスト60Pは面白く読めるがそれ以外はかなりの忍耐力が必要だった。決して、文章力がないとか、構成がまずいということはないのだが、阪神大震災を小説の「スパイス」として使っていることからも、悪い意味で「プロの作家の仕事」の一つであり、読んでよかったと思える要素はほとんどなかった。ちなみに「半落ち」も同じ印象。作者と相性が悪い可能性も高い。40点

51MBSY961WL.jpgもだえ苦しむ活字中毒者地獄の味噌蔵(椎名誠/角川文庫)
震度0の息抜きに読んでいたいつもの椎名作品。椎名誠にとって初めて書いた小説である表題作のほか、当時の雑誌の書評や本にまつわるエッセイが収録されている。表題作の小説は、その強烈なタイトルそのままの怪作で、奇妙な名前や変なリアリティにその後の不条理小説の萌芽が垣間見える。これはこれで面白い。後のエッセイはもう数十年も前の話なので、さすがにピンと来ない部分も多いが、椎名ファンなら普通に読めるはずだ(ファン以外は退屈かもしれない)。ただ、その中の一つ「文藝春秋10月号四六四頁単独完全読破」だけは超絶的に面白い傑作エッセイだ。椎名ファンなら読む価値が大きい。先程から「椎名ファンなら」を連呼しているが、100人が「震度0」と本作品を読んだ場合、70人くらいは前者を支持すると予想する。つまりはそういう内容である。60点

shimada.jpg武装島田倉庫(椎名誠/新潮文庫)
そしてさらに、「もだえ苦しむ活字~」の息抜きとして読んでいたのが、本作の再読だ。本の合間に本を読むというのは、お餅をおかずにご飯を食べるようなもののような気がするが、その比喩は別に文脈とは関係ない。定期的に読みたくなるSFというのは、自分にとっても後にも先にもこの作品だけ。「感動する」「ドラマティック」「驚愕の結末」「テーマの深さ」「登場人物への感情移入」という点では、本作に勝る本もあるだろうが、「読むこと自体が快楽」という点では、歴代ナンバーワンに推したい一作。その言語感覚は、とにかく素晴らしい。「浅沼ドクタラシ」「眼鏡踊り子製菓のほじほじくん」「炸裂カンノン銃」など本当に痺れる単語で埋め尽くされている。全部で7つの短編からなるが、それぞれのエピソードが微妙にリンクしており、その長すぎず短すぎないさじ加減も、奇跡のバランスになっている。個人的にはある作戦を描いた一編が特にお気に入り。その乾いたスペクタクルに感動必至だ。合わなければ0点という可能性もあるが、一度は読んで欲しい名作だ。98点
(KIURA)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
四ドルね
もとい・・・読んどるね。武装島田倉庫は高得点やな〜、気になります。こっちは、何かしらんが良く分からんが時間があっという間に過ぎてしまう。aikoの新しい恋人発見の文字に思わずフライデーを買ってしまった、うむぅ。
IE5 2009/03/17(Tue)10:44:47 編集
一応
バタバタしているが、本は息抜き程度に呼んでいる状態だ。Aikoの恋人は誰やっ! ふと観ると「Kiroroが二人揃っておめでた」という超弩級のお寒いニュースが!!
「島田倉庫」はそのタイトルからは想像できない位の楽しいSFだ。あっという間に再読してしまった。椎名誠自身もこの作品を超える作品は書けていないと思う。
KIURA 2009/03/17(Tue)22:13:51 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
プロフィール
HN:
TEAM OKKOTO
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
最新コメント
[08/03 きうら]
[07/24 IE5]
[07/19 きうら]
[07/04 IE5]
[06/30 きうら]
忍者ブログ [PR]