忍者ブログ
乙事組(IE5/Kiura/Pine/MBU/Shinの5人)の共同メディア批評ブログ。ネタバレあり注意!
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

don.jpg一点突破、麺にコシがある!

前回は鼻から麺が逆流するくらいまずいSpa王(記事)を紹介したが、今回は、やや角度を変えて「レンジで作る」というコンセプトのどん兵衛を紹介だ。

まずは開封。麺とレトルトの具と液体ソースが2種類。基本的には全てカップに投入する。目新しいのは、麺に濃縮液体ソースをかけて、上から水をかけること。この商品的には必要なアクションだとは理解できるが、冷たい水のかかった麺いかにも不味そうな佇まいはどうだ。早くも俺の希望の灯は消えた。

さらにレトルトの牛肉が、いわゆる「シーチキンビーフ(シーチキンのような歯ごたえと味の牛肉)」で、値段的には頑張っているとはいえ、味の展開が予想できた。とはいえ、これを食わねば今日の酒のアテはない。軽くフタをかぶせて、レンジに投入。そして、待つこと7分。7分!? カップヌードル2食とさらにクイックワン(明星・販売停止)1食が作れる時間だ。いくら煮込みがコンセプトとはいえ、5分を超えてはもはやインスタントとは言えまい。

そして、堂々の7分調理を経て、うどん完成。異常に熱くなった容器を机に移しておもむろにすする。
「うまい!」これは意外なことであった。散々、不味そうな前振りがあったせいかもしれないが、麺にちゃんとコシがあって食える。これに比べれば湯で戻すタイプは、本物を知らない野蛮人の食い物と言える位だ。麺好きの僧侶ならこれで開眼できよう。感動した!(演出上の表現)

冷静になると、ダシのレベルやシーチキンビーフの味はこれまで通りなのだが、麺にコシを求める俺としては大変満足の行く結果だ。逆に言えばここしか褒めるところがない。これと7分の調理時間と250円と価格をトレードオフできるかどうかがネックだが、見つけたら一度食べてみてはどうか。

余談だが、これはコンビニでは販売していない(と思う)。少なくとも近所の店では売ってない。価格が250円ということもあり、モロにコンビニの主力商品とかぶっているためだと思われる。コンビニ商品も、ゼラチン状の汁などいろいろ開発されているが、この値段でこのコシを出されては対抗できまい。特に、オリジナルブランドラーメンを押し通そうとするセブンイレブンの姿勢には疑問を感じる。同じようなオチで恐縮だが、こんなことに疑問を感じる前に、自分に問いかけなければならないことが山ほどある気がするのでこの辺で終わる。

評価点:70点(うどんコシ派にお薦め)
>>公式ページ
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フリーエリア
プロフィール
HN:
TEAM OKKOTO
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
最新コメント
[08/03 きうら]
[07/24 IE5]
[07/19 きうら]
[07/04 IE5]
[06/30 きうら]
忍者ブログ [PR]