忍者ブログ
乙事組(IE5/Kiura/Pine/MBU/Shinの5人)の共同メディア批評ブログ。ネタバレあり注意!
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

tagforce.jpgカード破産再び

いきなり何だが、☆マークが入っている固有名詞には未だに抵抗を感じる。つのだ☆ひろは言うに及ばず、大好きなスピッツの涙がキラリ☆もそうだ。だからという訳ではないが、遊☆戯☆王ももちろん原作は読んでいない。パッケージのいわゆる「紙切り髪(サイボーグ009風)」のキャラクターデザインも違和感ありまくり。カード売り場のおばさんの「無駄に巨乳」も原作を知らないので、本当に無駄だ。

話は遡るが11年前、俺たちの間で「マジック・ザ・ギャザリング」というカードゲームが大ブームになった。それはもう、毎週怪しいホビーショップにカードを買いにいったものである。ブームが去った後、冷静に計算してみると、その購入金額合計は13万円以上。他に必要なものは何一つなかったのか。当時の俺に激しく問いたい。

そんな経験のある俺だが、最近、急にカードゲームが遊びたくなった。DSで一部で話題になったカードヒーローも、ただ同然のGAMEBOY版で遊んでみたが、どちらかというと詰め将棋ライクなゲーム性は面白いが俺の求めるものではなかった。俺が遊んだ中では、カルドセプトが一番カードゲームのイメージに近かったが、DS版はいつ発売されるとも知れない。そこで、ネットで調べて買ったのが本作である。

カードゲームとしてのゲーム性は、コンピューターがお馬鹿だが、ぬるゲーマーに成り下がった俺にはちょど良い。いや、俺が遊びたかったカードゲームそのもの。2400種類はさすがにやりすぎだと思うが、PSPの携帯性とカードゲームの相性も抜群。一回の対戦に20分ほどかかるが、気がつくと2時間ほど過ぎていることもしばしば。楽しいゲームである。

問題はストーリーモードのしょぼさ。とにかく、キャラクターに思い入れが一切ないので、小中学生向きのスットコドッコイなキャラに萎えることが幾度ともあった。ゲームが面白いので許せるが、これで下らなければ、本体ごと床に投げ捨てていただろう。カードゲームという性質上、こういうスタイルになるのは仕方ないが、それにしてももうちょっとモチベーションを刺激する仕様にして欲しかった。一部カードの効果も分かりにくい。

とはいえ、久々に熱いゲームだ。カード破産は、13万円分もカードを買った当時の俺たちの間で流行った言葉だが、今は金以上に貴重な時間を浪費する意味でカード破産。いま、俺に問いたい。他にすることが何一つないのかと

Yes、Sir!
(kiura)

評価:70点。面白いゲームだが、アクセスがもう少し早ければ言うことがない。。キャラクターデザイン&ストーリーがオウガバトルライクなら、1万円払っても惜しくなかったのだが。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
プロフィール
HN:
TEAM OKKOTO
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
最新コメント
[08/03 きうら]
[07/24 IE5]
[07/19 きうら]
[07/04 IE5]
[06/30 きうら]
忍者ブログ [PR]